ニンニク卵黄週間、はじめなきゃ!

今日も残業で疲れたなぁ。最近なんだか体に自信がない。

そう思われてはいませんか。

会社からの帰宅時、焼き肉屋のシャッターが閉まるところを眺めて、ああ、もっと早くに会社が終われば、焼き肉食べて元気を出したい。

しかし本音はもっと違うでしょう。焼き肉屋で、ニンニクをがっつり食べたい!

う体が言いたがっているのではないでしょうか。

ニンニクを食べると精力的に元気になれますよね。その理由を説明します。

ニンニクにはこんな栄養が!

ニンニクにはビタミンB6が豊富に含まれています。

このビタミンB6は造血作用のある栄養ですから、思えば元気になるのは必然ともいえます。更にこのビタミンB6の含有量は食品の中でもダントツ組!

しかし、あくまで現在判明している事実の中で言うなら、そのままの栄養状況ではニンニクの良さを引き出せていない状況。それではどうしたら良いか。

それは「切る」「する」などしてニンニクに刺激をすることでアリシンという物質が発生します。

このアリシンが後に人間の身体をサポートする重要なカギとなるのです。

アリシンってなんだろう

アリシンは得にニンニクに限り発生するものではなく、その他のネギ属にもその前駆物質は含まれています。しかしニンニクは加工しやすい上、その他の栄養や作用も期待できますので放ってはおけません。

更にアリシンは強い抗酸化作用がありますのでビタミンB6だけに頼らずとも若々しさにつながるきっかけともいえます。

そして若々しさの為に働いたアリシンの作用は、実は人間の身体の中で、ある物質と連携しています。

アリシンと一緒にとろう!仲良く摂れる食品とは?

実はアリシンはそのまま摂取しただけでは思うような実感は得られません。

実はビタミンB1と一緒に摂る事で体内でエネルギーのきっかけであるビタミンB1の吸収率がアップさせることができるのです。

そこで様々な栄養を兼ね備え、ビタミンB1をも含んでいる「卵黄」の登場です。

この卵黄と一緒にとることでアリシンは勿論、ニンニクから得られる作用を引き出すことができるのです。

ニオイも気にならない!ニンニクも卵も一つのカプセルに

そこで紹介したいのが「ニンニク卵黄」です。卵黄にはビタミンB類が豊富に含まれ、ヒトの体の代謝を助け、こちらにも造血作用が期待できます。

その二つが小さなカプセルに一緒になったのが「にんにく卵黄」
ただ小さいだけではありません。なんと小さいのに一日に1~3粒ほど摂取することで一日に必要なニンニクと卵黄のいいところを体現することが出来るといいます。

そこで、一番の心配事が残ります。

「ニオイ」ですよね。

その心配も少なくなっており、カプセルに包まれニオイが少なくなるよう加工されております。でもニンニクの臭いは体の中から発生しますから、それでも心配な場合には、食後に飲まれたり、夜食後に飲まれることをお勧めします。

(筆者も飲みますが、特に気になりませんし気になると人に言われたこともありません)

まとめ

ニンニク卵黄。もはや栄養補助にはかかせないものとなってきていますね。

誰でもいつまでも若くいたいものですから、野菜やお肉、色々なものを食べ、最後の仕上げでニンニク卵黄を飲んで、更に若くありたいものですね。

後悔しないニンニク卵黄習慣。始めてみませんか?

各社から発売されているニンニク卵黄の中でも今、イチバンのオススメはにんにく玉ゴールドです。

こちらのにんにく玉ゴールドの記事でも紹介されているように、口コミの評判も良いですし、この「にんにく卵黄の効果を徹底比較!口コミおすすめランキング!」サイト内の総合ランキングでも、やはり1位ににんにく玉ゴールドが紹介されています。

是非一度、詳細を確認してみてください。